ビタミン注射を受けてみる

 

プラセンタ点滴

更年期障害の不調を取り除く

ビタミン注射って?ホットフラッシュや胃腸障害や肌トラブルや高血圧や骨粗しょう症や肩こりや頭痛や腰痛やむくみや倦怠感など、更年期障害を患うと毎日ありとあらゆる不調に見舞われますが、メンタル不調もその一つです。

更年期特有のメンタル不調がきっかけでうつ病や自律神経失調症や睡眠障害などの精神疾患に発展してしまうリスクもはらんでおり、ほったらかしにしたり軽視したりすることが出来ない問題です。

更年期に悩む女性

閉経を迎えるのが平均50歳ですので、40歳から症状が出始めた場合は
10年間も不快な症状に苦しめられることになります。

そこでおすすめなのがプラセンタ点滴です。
自律神経調整作用があるプラセンタを点滴でチャージする施術で、
婦人科クリニックや美容クリニックなどで受けられます。

プラセンタ点滴の最大の魅力は、血管から血液へと
ダイレクトに作用させることが出来るという点です。

サプリメントで摂取した場合は100%作用させるのは不可能ですが、
プラセンタ点滴なら確実に体に吸収されます。

口から摂取する栄養チャージに比べて即効性があり、
サプリメントを飲むよりも実感力が高めです。

更年期障害治療というとホルモン補充療法が定番ですが、
プラセンタ点滴も負けていません。

 

プラセンタ点滴は月経前のPMSの症状改善

不安な生理不順や排卵日周辺の体調不良や生理痛や
経血に伴う貧血や耐えられない生理痛など、女性は生理によって
ありとあらゆる悩みを抱えますが、月経前緊張症・PMSもその一つです。

生理前の症状

イライラして怒りがおさまらず周りの人にきつい言葉を吐いたり
八つ当たりしたりしてしまう、情緒不安定で自分で自分のメンタルを
コントロールすることが出来なくなる、無気力状態でボーっとしてしまい
注意散漫で集中力が持続せず仕事でミスすることが多い、
被害妄想が激しくなったり気分の落ち込みはひどかったりして
涙が止まらなくなるなどの悩みがあり、生理前の自分は別人で
生きにくさを感じている方も多いのではないでしょうか。

そんな方の悩みに寄り添いメンタルケアをしてくれるのがプラセンタ点滴です。
黄体期に分泌されるプロゲステロンが多くなり、それによって
卵胞ホルモンのエストロゲンが少なくなると、ホルモンバランスが崩れて
PMSの嫌な症状があらわれるというメカニズムです。

自律神経のバランスとホルモンのバランスを整えてくれるプラセンタで
インナーケアをすれば、生理前のPMSによるメンタル不調は大幅に改善されます。

アンチエイジング効果や美肌効果も期待できます。

ページトップへ

ビタミン摂取

ビタミン注射とは、サプリメントよりも さらに効率的にビタミンを取り入れる

診療目的

ビタミン不足が引き起こす?体調への効果

年齢サイン

個人差が出る

必要な栄養素

多方面への期待

効率的

ビタミンBやCといった 疲労回復や美肌に効果の高い栄養素を 注射によって肌に取り入れる

実際の評価

費用面

高い効果

費用の違い

点滴療法の種類

血液クレンジング

若返りが期待出来るNMN点滴

サーチュイン遺伝子とは

更年期障害への働き

ホルモンバランスの調整

グルタチオン注射で美白

サイトマップ

Copyright(c) 2016-2021 ビタミン注射の効果を上げる施術頻度は? All Rights Reserved.